イライラしてる自分とサヨナラするために!

こんにちは☆



リハビリ・コンディショニングサロンわか☆いちの笠松です。



カラダの調子はいかがでしょうか?



前回のブログ(イライラしている自分を変えたくありませんか?)



今回は前回の続きです。



では、怒りの感情をコントロール、そもそも怒りが起こりにくいようにするにはどのようにしたらいいのでしょうか?



そもそも、どのような時に怒りの感情が起こるのかということが理解できれば良いのではないかと考えます。



きっかけになりやすいのは、



『自分の気持ちが相手に伝わらなかったときではないでしょうか?』
b3fd259e00675bbcc2767992dc6a2ee9_s
相手に伝わらないことで、自分の思い通りにいかない。



思い通りにならない。



だから、腹が立つんですよね。



なので、一つの解決策としては相手に伝えるという技を磨く。



最初は、自分の考えがちゃんと相手に伝わっているかなって考えてみるところからスタートしてみても良いかもしれませんね。



もう一つは、そもそも相手に期待しない。



相手がこういう風にしてくれるはずだと期待しているから腹が立つんですよね。



だから、相手に期待しない。



相手に期待しないという考え方は何年か前に、芯伝整体をされている山崎さんに教えていただきました。
山崎さんのブログ



相手に期待しないということは、見返りを求めなくなるので、イライラしにくくなりますよね。



相手がいない中で思い通りにならないことは、自然や自分自身がイライラの原因ということになります。



そして、自然に文句を言ってもしょうがないので、全て自己責任という形に持っていくんです。



その中で、自分の成長につなげていきます。



そして、その成長を続けていると自然に気がつけば相手がいてもうまくやっていけるようになっていますし、自分を高めている人の話には重みが出てくるので、自然と相手からも尊重されやすくなり、ぶつからないようになってきます。



そして、お互いに成長できるような関係性になっているはずです。



だから、物事がうまくいかないというときはまず自分を見つめ直してみましょう。



そして、自分の至らない点を修正していく習慣づけを行なっていきましょう。



最初はすぐに結果が欲しくなってきます。



でも、そこで慌てて結果を欲しがらないようにしましょう。



腐らずにやり続けましょう。



やり続けていると気がつけば自分が手に入れたかった状態になっているはずです。



もちろん物理的な限界はありますが。



そして、やり続けることが一番簡単に自分のなりたい自分になるための近道だと気づくと思います。



ズルしてや、ただ早くというだけの道は、人生で考えると結局良い積み重ねにはならんのじゃないでしょうか?



そんな話を聞きたい方はうちのサロンへ(笑)
料金はこちら
予約方法はこちら



なんちゃって(笑)
507221
ちゃんちゃんm(__)m



友だち追加
サロンのブログやお得な情報を送らせて頂きます。
登録して下さると喜びます。



現在、自分が学ばせて頂いているスキンドライブはこちら↓

スキンドライブ

合気道に悩んでる方、健康に悩んでいる方(肩こり、腰痛、アレルギーなどなんでもオッケーです)、治療技術に悩んでいる方、悩んでても悩んでなくても全ての方に知ってほしいコンセプトです。



自分も所属させて頂いてますが、トリガーポイントについて学びたいという方は↓

Oriental Physio Academy

わかりやすいので、体感しやすいですし、再現性も高いと思います。



和歌山でたまにセラピストとして学びたいなら
紀州base up研究会



和歌山でそこそこの身体の使い方を学ぶなら
笠松塾