今年の夏も元気に乗り切りましょう

こんにちは、介護職員の石川です。
もう7月に入り、今年も半年が過ぎましたね。
1ヶ月過ぎるのがとっても早く感じます。
この時期、梅雨や季節の変わり目で体調を崩してしまったり、調子があまり優れないと言ったお声をちょくちょく耳にします。
朝晩と日中との気温差が大きいと身体へ大きなストレスがかかります。
そして、体調を崩してしまう。そういった1番の原因は気温の乱高下による自律神経の乱れにあります。
自律神経には、日中や活動時に働く交感神経や夜間やリラックス時に働く副交感神経があります。
この2つの神経は、体温、発汗の調整、呼吸、循環、代謝などを司っています。
身体と心のストレスを減らし、自律神経を整えるための対策法をいくつかご紹介したいと思います。
1、十分な睡眠をとる。
2、生活リズムを整える。
3、運動する習慣をつける。
4、栄養バランスのとれた食事をとる。
特に栄養についてはビタミン、ミネラル、カルシウムなどは自律神経を整えます。
また、たんぱく質が不足すると、免疫機能が低下します。
豆類や魚介類などのタンパク質食品や夏に多い緑黄色野菜を十分に摂取して下さいね。
私は、緑黄色野菜の代表的な野菜でもあるトマトをほとんど毎日食べています。
トマトに含まれているリコピンには美容やダイエットにも効果があるんですよ💓

image1