足の症状でお悩みの方2

こんにちは☆



リハビリ・コンディショニングサロンわか☆いちの笠松です。



カラダの調子はいかがでしょうか?



前回のブログ(足の痛みや痺れなど)



トリガーポイントにより足首周辺の痛みや筋力低下などが起こることもあるということは、前回のブログでも書かせて頂いたのですが、ふくらはぎの痙攣(こむら返り)も起こってきます。



ふくらはぎの夜間の痙攣についてはビタミン欠乏症、薬剤の副作用、循環不全など様々な因子も関与しているが、原因の第一位は、腓腹筋やヒラメ筋のトリガーポイントだといわれているみたいです。
628728
整形外科に通うと、腰の問題からきているといわれることも多いみたいですけどね。



また、足やかかとの痛みがあると足底筋膜炎やアキレス腱炎と診断されることが多いですが、原因はヒラメ筋、後脛骨筋、足底方形筋のトリガーポイントにあることが多いと言われています。



踵骨棘があっても痛みの原因になっていないこともありますからねー。



また、下腿前面の筋肉は足首を持ち上げ、つま先を引きずらないようにする機能や凸凹の地面に足を着く際に調節し、立っている時にバランスを保つという役割もあるので、トリガーポイントができ、筋力の低下が起こることにより、つまずいたり、よろめいたりするんですねー。



ということは、高齢者が転倒しやすくなるという原因はトリガーポイントにもあるとも言えますよね。



トリガーポイントという考え方を知らなければ、単純に年をとって筋力が弱ったと考えてしまい、トリガーポイントのことを考えずに筋力トレーニングを行ってしまいます。



でも、トリガーポイントがある状態でトレーニングを行っても効果は上がりにくいんです。



しっかり歩かないとダメと言われることも多いと思いますが、無理矢理歩く距離を増やすというのも同じことです。
7c07b02de35105b8e4b46cb76583aa44_s
まずは、トリガーポイントがないか確かめないと。



そして、みつかった場合は先にトリガーポイントに対するケアをしないと、効率良くはいかないんですよねー。
067994acc37c748ccea66c8217fec1b2_s
うちのサロンに来てくれてもいいですけど(笑)
料金はこちら
予約方法はこちら



今回のブログで、トリガーポイントの症状についてはひとまず終了です。



ありがとうございました。



ちゃんちゃんm(__)m



トリガーポイントについては

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 筋の基礎からセルフトリートメントまで
Clair Davies/Amber Davies 著 大谷 素明 監訳

を参考にさせて頂いています。



友だち追加
サロンのブログやお得な情報を送らせて頂きます。
登録して下さると喜びます。



現在、自分が学ばせて頂いているスキンドライブはこちら↓

スキンドライブ

合気道に悩んでる方、健康に悩んでいる方(肩こり、腰痛、アレルギーなどなんでもオッケーです)、治療技術に悩んでいる方、悩んでる方全ての人に知ってほしいコンセプトです。



自分も所属させて頂いてますが、自分でトリガーポイントについて学びたいという方は↓

Oriental Physio Academy

わかりやすいので、体感しやすいですし、再現性も高いと思います。



和歌山でセラピストとして学びたいなら
紀州base up研究会



和歌山で身体の使い方を学ぶなら
笠松塾