股関節の痛みでお悩みの方

こんにちは☆



リハビリ・コンディショニングサロンわか☆いちの笠松です。



カラダの調子はいかがでしょうか?



前回のブログ(腰痛、坐骨神経痛について)



今回は股関節の痛みを引き起こすトリガーポイントについて紹介させて頂きますね。



股関節痛に対してなされる一般的な医学的説明は関節炎、靭帯損傷、関節軟骨の摩耗であり、その結果手術を選択されることも多いですよね。
8b45178e914ba540ceff78d998d6f37c_s
しかし、股関節痛は大腿の筋肉のトリガーポイントの関連痛であることが多いんです。



例えば、大腿筋膜張筋は、大転子の前面の股関節部に痛みを引き起こします。
大腿筋膜張筋の位置はこちら



大腿筋膜張筋は過度のウォーキングやランニングなどで酷使されやすいんですよね。
9fe92552f26a704d1fd31cb213e64446_s
また、過度なストレスを受けた後に、座位で大腿筋膜張筋が短縮した状態が続くと、トリガーポイントが助長されやすいです。



ってことは、動きまくった後に、疲れたからといってじっと同じ姿勢で座って過ごしていると、股関節痛の原因になってしまうということになりますね。



このような習慣がある人は気をつけて下さいね。



今は大丈夫でも、何年、何十年とかけて悪化していっちゃいますから。



また、股関節のこわばり感は、潜在性のトリガーポイントがあることの兆候なんです。



潜在性というのは痛みはでていないけれど、トリガーポイントはあるんだよーって状態です。



なので、股関節に違和感があれば、トリガーポイントを探してみて下さい。



早めの処置をしておけば、痛みに苦しめられたりすることもなくなっていきますし。



そして、トリガーポイントができにくい生活習慣や考え方、身体の使い方を身につけていってください。



ストレス社会の現代で、負担が溜まりにくい生き方ってスゴい憧れますよね。



それが自然になるとスゴく楽しい人生になっていきそうな気がしませんか?
01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s
みんなできるんですよ。



自分は無理って思ってるだけで。



あっ、あと股関節の痛みの原因となるトリガーポイントは大腿筋膜張筋以外にも小殿筋、外側広筋、梨状筋、腰方形筋、大殿筋などもありますよ。



整骨院や整体、整形外科などの病院に通っていても変化がみられない時は、手術という最終手段に踏み切る前にトリガーポイントがないか確かめてみてはどうでしょうか?



うちのサロンに来てくれてもいいですけど(笑)
料金はこちら
予約方法はこちら



次回のブログでも、トリガーポイントによって起こりうる症状を紹介させて頂きたいと思います。



楽しみにしていて下さいね。



ちゃんちゃんm(__)m



トリガーポイントについては

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 筋の基礎からセルフトリートメントまで
Clair Davies/Amber Davies 著 大谷 素明 監訳

を参考にさせて頂いています。



友だち追加
サロンのブログやお得な情報を送らせて頂きます。
登録して下さると喜びます。



現在、自分が学ばせて頂いているスキンドライブはこちら↓

スキンドライブ

合気道に悩んでる方、健康に悩んでいる方(肩こり、腰痛、アレルギーなどなんでもオッケーです)、治療技術に悩んでいる方、悩んでる方全ての人に知ってほしいコンセプトです。



自分も所属させて頂いてますが、自分でトリガーポイントについて学びたいという方は↓

Oriental Physio Academy

わかりやすいので、体感しやすいですし、再現性も高いと思います。



和歌山でセラピストとして学びたいなら
紀州base up研究会



和歌山で身体の使い方を学ぶなら
笠松塾