不眠、神経過敏、抑うつなどでお困りの方

こんにちは☆



リハビリ・コンディショニングサロンわか☆いちの笠松です。



カラダの調子はいかがでしょうか?



前回のブログ(胸部、上背部、上肢などの痛みについて)



今回は、不眠、神経過敏、抑うつなどの症状についてです。
0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s
不眠、神経過敏、抑うつ状態などの不快感も、斜角筋によるトリガーポイントが原因となっている場合があります。
斜角筋の位置についてはこちら



この状態で、精神科などを受診すれば、そのままに診断がなされ、投薬による治療になることがあります。



斜角筋によるトリガーポイントの症状に対して薬を用いても、その薬は決して斜角筋のトリガーポイントを改善してくれるものではありません。



それどころか、薬がクセになってしまうと、薬がないと眠れないという状態になっていき、徐々に薬の使用量を増やしていってしまう可能性もあります。
616145
また、トリガーポイントにより斜角筋が短縮すると第1肋骨が鎖骨側に引き上げられ、この部分から腕へ走行している血管と神経が圧迫され胸郭出口症候群を引き起こすこともあります。



この絞扼性神経障害(血流及び神経インパルスの伝達障害)は腕や手の痛み、腫れ、痺れ、チクチクした痛み、灼熱感を引き起こすということも。



いくら薬を飲み続けても治らない、病院の受診を続けても改善がみられないという場合には斜角筋のトリガーポイントがないか確かめてみてはどうでしょうか?



うちのサロンに来てくれてもいいですよ(笑)
料金はこちら
予約方法はこちら



次回のブログでも、トリガーポイントによって起こりうる症状を紹介させて頂きたいと思います。



楽しみにしていて下さいね。



ちゃんちゃんm(__)m



トリガーポイントについては

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 筋の基礎からセルフトリートメントまで
Clair Davies/Amber Davies 著 大谷 素明 監訳

を参考にさせて頂いています。



友だち追加
サロンのブログやお得な情報を送らせて頂きます。
登録して下さると喜びます。



現在、自分が学ばせて頂いているスキンドライブはこちら↓

スキンドライブ

合気道に悩んでる方、健康に悩んでいる方(肩こり、腰痛、アレルギーなどなんでもオッケーです)、治療技術に悩んでいる方、悩んでる方全ての人に知ってほしいコンセプトです。



自分も所属させて頂いてますが、自分でトリガーポイントについて学びたいという方は↓

Oriental Physio Academy

わかりやすいので、体感しやすいですし、再現性も高いと思います。



和歌山でセラピストとして学びたいなら
紀州base up研究会



和歌山で身体の使い方を学ぶなら
笠松塾