顎関節症、歯の痛みでお困りの方

こんにちは☆



リハビリ・コンディショニングサロンわか☆いちの笠松です。



カラダの調子はいかがでしょうか?



前回のブログは、花粉症などのアレルギー症状についてでした。
前回のブログはこちら



今回は、顎関節症、歯の痛みについてです。
accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s
咬筋のトリガーポイントができると、筋は緊張し、ひどくなると口を十分に開くことも難しくなっていきます。

咬筋の位置についてはこちらをクリック



また、上下両方の歯に痛みを送り、熱、冷却、触れることに対する知覚過敏の原因にもなってきます。



側頭筋のトリガーポイントは上歯の痛みと知覚過敏、および上歯茎の痛みと軽微な炎症の主要な原因にもなります。

側頭筋の位置についてはこちらをクリック



痛みよりも、熱や冷感の方が不快感を感じやすく、噛んだ時に広がる放散痛の原因にもなります。



実は、歯の痛みのトリガーポイントの活性化については1〜2ヶ月程前に自分も体験したんです。
410259
夜中に急に歯の痛みで目が覚め、ずっと疼くような痛みがありました。



歯医者に行く時間もなかったので、試しに自分で咬筋のトリガーポイントをほぐし、当サロンでも販売しているファイテンのパワーテープを貼ると痛みがマシになっていきました。



続けて、ほぐしているとだんだんと痛みがない状態になり、夜も眠れるように。



仕事も一段落し、歯医者に行ってみても特に原因になりそうな所はないとのこと。



やっぱり、咬筋のトリガーポイントだったんだなあと実感したんですが・・・



自分で体験できたことがめっちゃ勉強になりました。



患者さんからは、


「先生のおかげで歯抜かんでも良くなったわ」


って言われたことはあっても、自分で体験したことなかったんで。



あの尋常じゃない痛み。



「絶対、歯やられてる」って思いましたから(笑)
d85a98bdc54ea98bcfde855e48e954ae_s
自分で触診してみても、咬筋がいつもと違うということはなかったんで、自分の場合、過度のストレスや疲れで身体のバランスが崩れ、もともとあるトリガーポイントが活性化してしまったみたいですね。



歯科に通っても原因がみつからず、上記症状に変化がない場合は咬筋、側頭筋のトリガーポイントがないか確かめてみてはどうでしょうか?



うちのサロンに来てくれてもいいですけど(笑)
予約方法はこちら


次回のブログでも、トリガーポイントによって起こりうる症状を紹介させて頂きたいと思います。



楽しみにしていて下さいね。



ちゃんちゃんm(__)m



トリガーポイントについては

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 筋の基礎からセルフトリートメントまで
Clair Davies/Amber Davies 著 大谷 素明 監訳

を参考にさせて頂いています。



友だち追加
サロンのブログやお得な情報を送らせて頂きます。
登録して下さると喜びます。



現在、自分が学ばせて頂いているスキンドライブはこちら↓

スキンドライブ

合気道に悩んでる方、健康に悩んでいる方(肩こり、腰痛、アレルギーなどなんでもオッケーです)、治療技術に悩んでいる方、悩んでる方全ての人に知ってほしいコンセプトです。



自分も所属させて頂いてますが、自分でトリガーポイントについて学びたいという方は↓

Oriental Physio Academy

わかりやすいので、体感しやすいですし、再現性も高いと思います。



和歌山でセラピストとして学びたいなら
紀州base up研究会



和歌山で身体の使い方を学ぶなら
笠松塾