リハビリ・コンディショニングの技術はなぜ評価されるのか?
The technique for Conditioning

リハビリ・コンディショニングの技術はなぜ評価されるのか?

秘密公開の第1弾です。
最初は、来て頂いた方だけにお話しする情報だったのですが、ホームページを見て頂いた方にも出来るだけ多くの情報をシェアしていく必要があると考えるようになりました。
出来るところから少しずつ自分の中に落とし込んでいって頂けたらと思います。

リハビリ・コンディショニング式飲水法

00b8891f5e3a400d882de5139a4efb1a

個人別1日に飲む水の必要量

  体重(㎏)の30分の1リットル以上飲むこと

   (例:体重45㎏なら1日に飲む水の量は1.5リットル)

酒、コーヒー、紅茶、カフェイン入り飲料は水に数えられない。

水を飲む最前の時間帯

朝食、昼食、夕食の30分前にコップ1杯、二時間半後に同じ量の水を飲む。

これは必要最低量で、できればコップ2杯以上飲むこと。

飲む水の量を増やすにつれて、渇きのメカニズムも良くなり、体は最低量以上の水を求めるようになる。

水がどんな薬よりも最良の薬になる可能性がある。

水不足が骨粗鬆症の原因にもなる。

慢性の水不足がほとんどの変形性疾患の根本原因になっている。

不眠症

眠れない人は、水をコップ1杯飲んでから、塩をひとつまみ舌に含むと良い。

めまい

立ちくらみがする人は水と塩の量を増やすと良い

尿の色(健康な人の場合)

正常な尿の色は薄く、無色から薄黄色が理想的である。濃い黄色から橙色になりはじめれば体は水不足に陥っている。腎臓が体内毒素を取り除くのに苦労して、尿が濃くなっているのである.

注意:

飲水法を行ってよいのは腎機能が正常に働いている人

飲水法と同時に、天然塩を必要量とることを心がけること

参考:病気を治す飲水法 バトマンゲリジ

活性酸素は老化や生活習慣病の原因とされる。

つまり、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドローム、肌のシミ・しわ、アレルギー、内蔵の老化などの原因となる。

水素水を使うとどうなるか?

活性酸素には、善い活性酸素と悪い活性酸素がある。悪い方は「ヒドロキシラジカル」といって、酸化作用が強く、細胞や遺伝子を壊すほどの力を持っている。

同じだけ飲んだり食べたりしても体脂肪や血液中の中性脂肪が減り、血糖値も下がる。

さらに、エネルギー代謝が活発になり、同じ運動量でも酸素の消費量も上がります。

運動選手では、水素水を飲むと、糖代謝ではなく脂肪代謝が盛んになり、疲れにくくなることもわかっています。

活性酸素を除去できる抗酸化物質はいろいろあるが、悪玉ヒドロキシラジカルだけを除去できるのは水素だけ。水素だけは細胞内のどこにでも入っていけるのです。

体に有害な活性酸素だけを「選択的に」還元でき、水素分子は水でも脂でもどこでも入り込むことができる。

水素は、体に入ると数分以内に体内をかけめぐる。つまり、水素水を飲んだらすぐに水素は細胞に届き、体内の悪玉活性酸素とくっつき、還元して水にする。

水素は悪玉活性酸素が最も発生して、強く作用している部位に作用する。たとえば、ストレスを感じている時に水素水を飲めば、脳に効く、あるいは、膝が痛ければ、膝に効く。

逆に言えば、自分がシミが気になって飲んだとしても、他に悪いところがあれば、まずその悪いところに効いてくれる。

大量に水素が入ったとしても呼気で出てしまい、身体に害はないし、もともと無害の気体です。

ミトコンドリアと私たちの病気・健康の関係はとても根源的で、その根源には活性酸素が関わっている。

ミトコンドリアの最も重要な働きが、体や臓器を動かしたり、考えたり、熱を発生させるための「エネルギー」を作り出すことである。

私たちが呼吸をしないとすぐに死んでしまうのは、生きるために必要不可欠なエネルギーをミトコンドリアで作るために酸素が必要だからである。

ところが、体内に取り込まれた酸素の1〜2%はエネルギーを作る過程でどうしても体に有害な物質に変わってしまう。

それが「活性酸素」

活性酸素が体に有害なのは、酸化力が強く、細胞の中を、その強い酸化力で傷つけてしまうから。ミトコンドリアは、生きるために必要なエネルギーを作ると同時に、体に有害な活性酸素をも作り出している。

生命進化の歴史の中で、エネルギー代謝に「酸素」を使うことを選んでしまった結果、私たちは老化することになった。老化だけではなく、多くの病気、とくに生活習慣病は活性酸素が原因の一つである。

活性酸素が発生するのは急激な変化があり、無理にエネルギーを作ろうとする時なのです。そして、ミトコンドリアの質が低下した場合や、過度な負担がかかった場合、より多くの活性酸素ができてしまう。

運動をしないで、じっとしていたほうが活性酸素の発生が少ないことは確かだが、活性酸素ができると、自らが悪い予兆であることを知らせて、自分自身に迫るのです。つまり悪いものができた場合、それに対応するシステムできてくるのです。

活性酸素のシグナルによって、細胞内では活性酸素を消去する酵素が増やされるので、プラスの面が大きいといえます。

血流の停止した後に血液が流れる場合は、活性酸素の発生量が多くて、害が大きすぎるのですが、運動によって発生する活性酸素は、それに比べるとまだまだ少ない量でしかありません。

また、運動をする時でも、準備運動やクーリングダウンによって、活性酸素の発生を劇的に押さえることが可能です。急激な変化を避けることができるからです。

いったん、活性酸素を消すシステムができると、あとで急に活性酸素が生じてしまった時にも、その害を減らしてくれるように体が反応してくれるのです。

活性酸素にも種類があり、比べると酸化力が100倍以上も違うものもあります。活性酸素も全くないと、ミトコンドリアの質を向上させる機能がなくなったり、血管や神経にも悪影響を及ぼします。

活性酸素が生まれる場面は、大きく4つに分けられる。

ストレスが多いとき

エネルギーが急に少なくなったとき

急に酸素が入ってきたとき

早食いのとき

急な変化を生んだとき、心に余裕がないときに活性酸素は生じてしまう。

例えば、血流が停止して酸欠状態になっていたところから急に血液が流れると、酸素が大量に流入し、大量の活性酸素が放出されてしまう。血液が不足している時よりも、酸素が入り込んだ時の方が危険な状態になるという意外なことが起こります。

ストレスは活性酸素を発生させるだけではなく、免疫機能も低下させてしまいます。

マウスの実験では、ストレスにより活性酸素を発生させ、記憶力を低下させたマウスに水素を与えることにより、記憶力の低下を見事に抑制することを示した。

歯周病になり、歯茎の炎症が発生すると全身の炎症性ホルモンの量が多くなってしまい、全身の活性酸素量が多くなってしまうので、歯や歯茎の問題だけではなく、全身の健康に影響してしまう。

参考:水素水とサビない身体   太田成男

活性酸素の原理を考えると、マッサージにおける揉み返しも活性酸素によるものと考えられます。マッサージの目的は循環を良くするために、あえて軽度の炎症を起こすのですが、もちろん力任せなマッサージを行ってしまえば無意味に組織が損傷してしまい、痛みが出ることも考えられます。しかし、組織の損傷を最小限に抑えた施術でも急激に循環が良くなることにより痛みが発生することがあるということです。(循環も徐々に良くすることができればこの痛みもないということですが)

このような場合は特に心配することはないのですが、痛みに過敏な人は力任せに行われ、失敗したマッサージと同じようにとらえてしまうこともあるかもしれません。

身体にいい意味でこたえる施術とただ力任せに強いマッサージは違うのです。マッサージにこだわりを持っている方や感覚が優れている方はこの差がよくわかると思います。この感覚というのは施術者も難しいのですが、自分はこの感覚を合気道から応用しています。(もちろん、まだまだ成長過程ですが)

しかし、身体のどこかが悪くなっているということはそのような方でも感覚が鈍っていることは考えられるため本当の意味では差を感じれていない部分もあるかもしれません。

このようなこともあり、本当の意味で良い施術を自分で判断することは非常に難しいのですが、水素をとり活性酸素を除去することにより、施術の負の要素(揉み返しのような痛みやだるさ)は取り除きやすくなるということです。

つまり、質の良い施術と水素の組み合わせにより効果を最大限に高めることができるということです。

この質の良い施術と飲水法がリハビリコンディショニングの秘密の1部になります。

リハビリ・コンディショニング式呼吸法

343b1633b4e546bd90cf2b768f42801d

浅い呼吸に気をつけなければなりません。

たとえ慢性の肺疾患がなくても、浅い呼吸は代謝を制限し、治癒に必要なエネルギー量を制限してしまう。間違った呼吸は直す事が出来ますが、普通の人で呼吸を直そうと意識する人はなかなかいません。呼吸は生きている以上行われている当たり前の事なので、わざわざ習おうとか直そうという意識は働きにくいのです。普通に生活していて呼吸がしにくくなってきたと自覚した人なら病院に行こうとか改善方法を探すかもしれませんが、そこまで重度にならないと意識しないものなのです。

しかし呼吸の問題というのは直接呼吸器系に問題を起こさなくても、自分たちが抱えている不定愁訴や様々な悩みの原因になっている可能性もあるのです。

そのため呼吸法を改善する事により色々な改善が見られるようになってくる可能性があります。当たり前だと思っている事こそ、出来ていない事も多く、見直してみる必要性があるのです。

今まで気にしていなかった呼吸法を今日から始めてみませんか?

しかし、調べてみるとわかるのですが、呼吸法というのも数多くあり、どれに手を付けていいのか、考えてもわからないという状況に陥ってしまうと思います。どの呼吸法でも全く意識していなかった時に比べると、多くのものでは効果を出せるのでしょうが、なかなか覚えるのも大変ですし、実際にしてみる前から挫折してしまう方が多いと思います。

そういったことから、誰でも簡単に覚えてすぐ実行できる基本的な事だけを紀州整体ではして頂こうと思います。その後物足りなくなった方は中級編として新しい呼吸法にチャレンジして頂けたらと思います。

  • 呼吸をゆっくり、深く

  • 鼻から吸気

  • 吸気より呼気を長く

という3点を意識して頂くだけでも多くの方は違いを感じて頂けると思います。

なぜなら身体に問題点がある人は決まってこれが出来ていないからです。

まず①について

 冒頭でも書かせてもらいましたが、身体に問題がある人ほど浅く速い呼吸になってしまっているからです。浅く速い呼吸ですと自律神経で考えても交感神経が優位になってしまいリラックスできません。この事により緊張が抜けにくい身体になり、どんどん固い身体になり、内臓の機能低下も引き起こしやすくなります。身体が固くなると精神にも影響を与えやすくなり、心の問題も発生しやすくなります。

そのため呼吸をゆっくり、深くと意識するだけで身体に変化が生まれてきます。

②について

 意識していないとついつい口呼吸になってしまいがちです。口からは人体の構造上空気を取り入れるシステムにはなっていないので、それを続ける事により人体への悪影響を引き起こしやすくなってきます。

鼻にはフィルターがついているようなもので余分なものを吸い込んでもそれを吸着してくれますし、冷たすぎる空気を吸い込んでも温度の調節をしてくれます。

鼻から空気を吸い込むと、それらは人体への悪影響が出ないように自然と調節してくれるのですが、口から吸い込んだ空気はダイレクトに身体に回るために身体に負担をかけやすくなります。

そのため鼻から吸うというのを意識するだけで身体に変化が生まれてきます。

③について

 吸気というのは交感神経が働き、呼気というのは副交感神経が働きます。交感神経というのは緊張型の神経で、副交感神経というのはリラックス型の神経です。そのため呼気の時間をゆっくり行う事により身体の緊張がほぐれ、身体がリラックスしやすくなります。また、内蔵を働きやすくするためにも副交感神経の働きが大事です。もちろん、交感神経、副交感神経どちらの神経も生きていくために必要なのですが、痛みの強い人や緊張の抜けにくい人というのは交感神経型に傾いている人が多いです。

また、しっかり吐ききると勝手に空気が身体に入ってきます。身体も有効に使えるようになってくるのです。

そのため吸気より呼気を長くと意識するだけでも身体に変化が生まれてきます。

以上の3点を行ってみてください。

案外、自分が全然出来ていない事に気づかされると思います。しかし、出来ていないという事はまだまだ伸びしろがあるという事なのです。まだまだ身体に改善の余地があるという事なのです。何でも前向きにとらえて身体の改善をはかっていきましょう。

リハビリ・コンディショニング式栄養法

b299011603b14eeeba58f83096d6e6d9

食に対する考え方

食に関する考え方は非常にシンプルです。

今の世の中ではどこかに不調があるから改善したい、健康を維持するため、もっと身体を良くするためにと考えるとプラスの栄養学で考えがちです。

プラスの栄養学とは、例えば何かを改善するためにビタミンをとろうとか必要な栄養素をとるという考え方です。

よくこの考え方では、テレビで何かにはこれが効くと言えばスーパーからその食材がなくなったりしますよね。バナナとかなくなったりしましたよね。この考え方でいくととるものが多くなりすぎて結局続かず思ったような効果を得られていない人が多いと思います。そして何か情報がくるたびにその情報に踊らされることになります。

マイナスの栄養学とはその逆で食べる量そのものを減らしてしまおうという考え方です。

簡単に言うと今の世の中は食べ過ぎによって不健康になっている人が多いということです。食べるものが少なかった時代では食べないと力が出ないという考え方も良かったのかもしれませんが、今の日本ではありがたいことに食料が安定供給されているためにどうしてもとりすぎてしまっているのです。しかも、昔とは違い農薬で汚染されていたり、化学調味料をたっぷり使われている食品が多いため、肝臓等でもなかなか解毒しきれずに体内にたまっていってしまうことがあります。

そして、肝臓だけではなく、食べ物が常に入ってきている状態では腸にも多くの負担がかかり、働きが低下してしまいます。腸管免疫といって腸には免疫も大きく関わっているため、腸の働きが悪くなると身体も弱っていってしまうのです。

食べないことで腸や肝臓等内臓の休息期間をとることにより、元々の働きを取り戻し自然治癒能力を高め、勝手に治りやすい身体を作ってしまおうということです。

例えば、動物は怪我をした時や体調の悪い時は無理に食べようとしません。本能的に何も食べずにいることが回復の一番の早道だとわかっているからです。動物と人間は違うという風に思うかもしれません。しかし人間も重病で入院した時にそんなに栄養をとるでしょうか?点滴等で最低限の栄養素だけだと思います。回復後も赤ちゃんの離乳食のように重湯等負担の少ないものから始めていくと思います。そして、腸の状態が整うとともに通常食に戻していきますが、一番回復する時にはあまり栄養をとっていません。

もちろん身体に栄養が必要なことは当たり前ですし、それがいかなる時も必要でないということではありません。要は自分の身体に必要な状態なのかということです。身体に慢性の痛みやアレルギーなどがあって困っている状態で、今の食生活(お菓子や食事のとり過ぎ、お酒の飲み過ぎなど)がある状態ならば、一度そういう考え方を試してみてもいいと思うのです。

また、プラスの栄養学で考えて、例えば身体に必要であろうサプリメントをとったとしても、腸の状態が悪ければうまいこと吸収してくれないのです。せっかく高価なサプリメントをとったとしても、そのまま身体から排出されてしまいやすいということです。これは普通の食事の栄養で考えても一緒です。

プラスの栄養学を最大限に発揮するためにも、必要な考え方になってきます。

まずは身体を整える必要があり、その手っ取り早い方法が食べないことなのです。

しかし、身体というのは何でも準備期間が必要です。どんないいことだとしても急にやり過ぎると身体はびっくりしてしまうし、対応できないものなのです。身体を動かすことが大事だとしても急に動かせば筋肉痛になりますし、赤ちゃんが早く歩けたらいいからといって急に歩く練習をしても無意味です。早く勉強ができるようになってほしいからといってひらがなや数字もわからない状態ではレベルの高い問題を教えようとしてもできません。

ここまで極端にいえばみんな当たり前と思うのですが、大人になってしまうと何でもやればすぐに結果が出ると思ってしまいがちです。ゆっくり積み重ねることが大事なのです。そしてそういうことを理解し、体現できている人のもとで学ぶのが一番手っ取り早い方法です

方法論から言うとまず朝食を抜くことから始めます。腸の休息期間をできるだけ長くしてあげるのです。例えば夜の七時にご飯を食べ昼の12時まで食べないとすると17時間の休息時間になります。厳密に言うと胃腸の中に食べ物は入ってますが新たな食べ物をいれない時間ということで考えます。

これを毎日行うことで継続していけば本断食と同じような効果が得られるようになってきます。

最初はなかなか常識からも離れられないため、不安もつきまとうかもしれませんが、少しずつ始めてみてください。

どうしても、食べたい人は酵素たっぷりの生野菜や果物をとりましょう。これなら排泄を助けてくれます。

リハビリ・コンディショニング式思考法

40da3e98889e4493bb1d0e07eb417315

普通の人の物事に対する考え方というのはどうしても、対症療法になりやすいです。例えば、熱が上がっているから熱を下げる。痛みのある部位が痛みの原因だと思ってしまう。もちろん、痛みのある場所が原因である事は、あるのですが全てにおいてこのような考え方になってしまうと物事の本質を見誤ってしまう事が出てくるのです。

川の流れに例えるならば、下流ばかり見ているのではなく、上流を見てみましょうという考え方なのです。自分が下流側にいる時に、水の汚れが気になったとします。その時に汚れの原因が下流付近にあればそれを見つけ、対処する事で水の汚れの原因はなくなり解決する事ができます。しかし、その汚れの原因が上流にあればどうでしょうか?下流付近に原因が見つからないため、困ってしまいます。そして、原因が見つからないためにその場の汚れとりしかできません。その場はきれいになるかもしれませんが、原因が上流にあるためにすぐに汚れがでてきてしまいます。掃除しては汚れ、掃除しては汚れの繰り返しのためにどんどん掃除していく人は疲弊していってしまいます。そして、その場の掃除も出来なくなり、汚れがどんどん悪化していく事になります。疲弊してしまう前に上流に視点を変えてみることができれば、未来は変わっていたかもしれません。

身体に考え方を変えてみると腰が痛くなった場合に腰だけ揉んでいた。腰に湿布を貼った。腰に注射を打ってもらった。などです。それで良くなる場合ももちろんあるのですが、原因が別にある場合、その対処をいくら続けても改善しない事になってしまいます。別のところに目を向ける必要性があるのです。

体だけではなく心や栄養、体の使い方、外部の環境など様々な条件で身体は変化していくからです。

紀州整体で全ての人生で応用の出来る考え方を一緒に学んでいきませんか?

あと、アドバイスとしては好き嫌いで判断するのではなく、身体で感じてみることです。朝食を食べていた時と比べて自分の調子はどうかなと。

好き嫌いだけで考えてしまうと、自分も食べるのは好きなので、食べられるならお腹いっぱい食べたいので、食べるという選択肢を選んでしまうと思います。なので、自分の身体の声に耳を傾け、自分の症状の変化を追ってみてください。

きっと体調の変化に気づかれるはずです。

また、様々な動物実験でも摂取カロリーを制限した方が、若々しく、長生きできるという結果が出ています。

生殖能力を高めることについても断食の効果が認められており、不妊症の人も夫婦でまず断食をしてみる価値はあると思います。

参考;3日食べなきゃ7割治る! 船瀬俊介